仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    1: 2018/02/22(木) 11:54:15.20 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    仮想通貨取引所「Zaif」は2月20日、0円でビットコインを購入できるシステムの不具合が16日に発生したと発表した。このトラブルの際に、2千兆円以上に相当する21億ビットコイン(BTC)をタダで手に入れたと名乗り出て、話題になっている投資家がいる。BuzzFeed Newsはこの男性、麺屋銀次(メンメン)さんに話を聞いた。


    ■Zaifはサイトでお詫び
    Zaifが公式サイトで発表した「16日に発生した異常値の表示に関するお詫びとご報告」によると、2月16日の17時40分から58分にかけ、「簡単売買」の価格計算システムに不具合が起こり、7人の利用者が0円で仮想通貨を購入。

    一部利用者が購入した仮想通貨を取引所で売り注文に出したため、取引板に「異常な数値」が表示されたという。メンメンさんはこの時、トップ画面の「BTCを買う」「BTCを売る」という表示が0円になっていることに気づき、デビットカードを使った簡単売買で21億BTCを購入した。PCなどハードウェア周りの仕事やソフトウェアのセールスをしていた経験から、「9割方バグだろう」といぶかりつつもクリックした。


    ■「笑っちゃいました」
    「試しに100億BTCを入れるとエラーになって、10億BTCにしたら通った。それで金額を上げて、21億BTCにしました」

    「買った後、そのまま時価総額に数字が反映されたからビックリして。正直、ハァ!?って笑っちゃいましたね」

    購入後の時価総額は2246兆3805億円。今年度の日本の一般会計の歳出総額が97兆円あまりだから、実に国家予算20年分以上にあたる天文学的な数字だ。そもそも、ビットコインは発行上限が2100万BTCと決められており、「21億BTC」という金額自体があり得ない。メンメンさんは、購入時点ではそのことを知らなかったという。購入したはいいものの、実際に使うことはできるのか。確かめるために、21億BTCのうち20億BTCの売り注文を出した。

    ビットコイン2千兆円男がZaifに苦言 「怒りというより呆れています」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00010000-bfj-sci&p=2

    引用元: ・タダで2000兆円を手に入れた男 仮想通貨取引所Zaifに苦言「一言の謝罪もない…呆れるだけ」

    【0円で21億ビットコイン(BTC)を手に入れた男 仮想通貨取引所Zaifに苦言「一言の謝罪もない…呆れるだけ」 】の続きを読む

    1: 2018/02/22(木) 15:00:09.106
    8 承認済み名無しさん sage 2018/02/22(木) 14:20:31.82 ID:ahcbmR4d
    親の遺産の1億6000万を失った。
    一時は2倍の3億まで増えてたのに。
    no title


    残り90万しかない。人生オワタ。

    引用元: http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1519279209/

    【【悲報】仮想通貨で1億6千万失った男が現れる 】の続きを読む

    1: 2018/02/22(木) 10:35:06.42 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    いま、これまでにないほど仮想通貨が注目されている。

     もちろんその最大の原因は、仮想通貨取引所の大手であるコインチェック社から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が何者かによって盗まれたからだ。この史上最大規模の「仮想通貨強奪事件」では、盗まれた通貨がすでにインターネットの地下社会である「ダーク(闇)ウェブ」で他のコインに交換されるなどの動きが報じられている。事件は文字通り“闇”の中といったところだろう。

     仮想通貨については、投機としてもともと関心が高まっていたが、仮想通貨そもそものメカニズムである「ブロックチェーン技術」ももてはやされていた。特に米国では、数年前から今の日本で見られるような盛り上がりが見られた。

     筆者がマサチューセッツ工科大学(MIT)でフェローをしていた際、MITでは、すべての学生に仮想通貨のパイオニアで代表格であるビットコイン、100ドル分が無料で提供されると発表された。2014年当時、このプロジェクトを進めていた卒業生たちは、「インターネットの黎明期に学生にインターネットへのアクセス権を与えるのに近い」と語っていた。

     そんな仮想通貨ビットコインだが、いまだに多くの関係者が注目していることがある。誰がビットコインを最初に発明したのか、である。ビットコインに関心のある人なら、ビットコインの根幹をつくったのが「サトシ・ナカモト」という人物であることはご存じだろう。ただこの「サトシ・ナカモト」が何者なのかはいまだに知られていない。個人なのか複数なのかすら、分かっていないのである。

     ここ何年もの間、数々のメディアがナカモトを探しているが、いずれも失敗に終わっている。「自分がナカモトだ」と名乗り出た人たちもいたが、いずれも信ぴょう性に欠けていた。

    仮想通貨の父「サトシ・ナカモト」の正体がバレているのは本当か

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/22/news017.html

    2以降に続く

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1519263306/

    【ビットコインを生みの親「サトシ・ナカモト」の正体を米国政府が把握か 】の続きを読む

    このページのトップヘ