仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    1: 2018/04/14(土) 07:43:18.43 _USER
    仮想通貨の取引に参加する利用者の中心層が30代であることが、業界団体の取りまとめで分かった。2018年3月時点で少なくとも、のべ約350万人が取引に参加、そのうち30代が96万人と全体の34%を占める。20代、40代を含めると85%(約240万人)にのぼるという。証券投資は半数以上が60歳以上といわれているが、仮想通貨は若年層で市場が形成されている実態が浮かび上がった。

    仮想通貨交換業者の業界団体「日本仮想通貨交換業協会」が国内仮想通貨交換業者17社の取引状況を取りまとめ、明らかにした。

    内訳をみると、20代が29%(80万7000人)、40代が22%(63万人)の一方、50代は10%(28万人)、60代は3%(8万9000人)にとどまる。

    また、18年3月時点での預かり資産額は、全体の95%が100万円未満で、そのうち77%が10万円未満だった。10万~50万円未満が14%、100万~500万円未満は4%だった。

    このほか、17年度のビットコインなど主要5仮想通貨の取引量は、前年度比約20倍の約69兆円にのぼることも分かった。


    2018.4.14 06:03
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180414/bse1804140500004-n1.htm

    引用元: ・【仮想通貨】仮想通貨、若年層で市場形成 利用者の34%が30代、20代・40代含めると85%に

    【仮想通貨、若年層で市場形成 利用者の34%が30代、20代・40代含めると85%に 】の続きを読む

    1: 2018/04/13(金) 14:56:58.80 _USER9
    ヤフー、仮想通貨事業に参入 18年秋に取引所サービス
    2018年4月13日 14:41
    https://r.nikkei.com/article/DGXLASFL13HVT_T10C18A4000000?s=3

    ヤフー(4689)は13日、仮想通貨事業に参入すると発表した。子会社を通じ、仮想通貨交換事業者ビットアルゴ取引所東京(東京・渋谷)に資本参加する。ヤフーの持つサービス運営のノウハウを活用し、使いやすい取引所を目指すという。取引所サービスは2018年秋の開始を予定している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    引用元: ・【経済】ヤフー、仮想通貨事業に参入 18年秋に取引所サービス

    【ヤフー、仮想通貨事業に参入 18年秋に取引所サービス 】の続きを読む

    このページのトップヘ