仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    2017年09月

    1:
    https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201709/img/b_10540033.jpg
    インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」が、買い物や飲食の支払い手段として使える場面が増えてきた。クレジットカードや電子マネーに比べて決済用端末の導入コストが安いのが要因。関西では家電量販店や飲食店、スポーツ施設などが対応している。ただ、相場の上昇を背景に投資商品の側面が強く、大手企業でビットコインを決済手段に採用するのは少数のようだ。

     訪日観光客でにぎわうビックカメラ(東京)のなんば店(大阪市)。免税レジで買い物の合計額を確認した店員が、携帯音楽プレーヤー「iPod」で2次元コードを表示すると、客がスマートフォンのカメラで読み取るだけで決済は完了した。

     同社は4月、東京都内の店舗で、大手小売店では初めてビットコイン決済を始めた。7月にはなんば店でも実施。利用者数は公表しないが、「当初の想定を上回っており、新たな集客に生かせる」(店長代理)と強調。旅行会社を通じて、ビットコインの一大取引拠点でもある中国に積極PRする考えだ。

     ただ、兵庫県内で事業展開する大手勢は静観の構えだ。神戸・三宮などに直営店を置くスポーツ用品大手のアシックス(神戸市中央区)は「利用がどれぐらいあるか読めない」とし、神戸と尼崎、播磨地域に8店を持つビジネスホテルの東横イン(東京)は「(対応を)検討したことすらない」。スーパーや百貨店も「普及してからでも遅くない」などと様子見を決め込む。

     全国の対応店を集約する「Bitcoin日本語情報サイト」によると、県内で2014年末に2カ所だったビットコイン利用店は現在11カ所に増え、小規模事業者が目立つという。

     飲食店を営む男性(40)も昨夏、神戸市内の焼き肉店「新日本」など2店で決済システムを導入した。今年1~6月の利用は計10件で、売上高に占める割合は1%に満たなかったが、いずれもインターネット検索した上で「ビットコインが使える店」を目当てに来店した人だった。「これまで県外からの来店はなかった。客単価も高く、異なる客層を呼び込めるのは利点」と男性。ビットコイン相場が上昇すれば、決済も伸びる傾向があったという。

     西宮市のマリンスポーツ体験施設「クラブ・シー・ドリーム」は、昨春からビットコインの支払いに対応する。運営会社の男性社長(36)は、ほかにシステム開発会社を経営しており、海外企業との決済でビットコインを活用する。「従来の海外送金に比べて手数料が安く、スピードも速い」と話している。

    【ビットコイン】仮想通貨の一つで、2009年ごろに取引が始まった。インターネット上の取引所で、円やドルなどの法定通貨と交換できる電子データ。「ブロックチェーン」と呼ばれるデータベース技術で、全ての取引履歴がネット上に保存され、改ざんはほぼ不可能とされる。日本では今春施行の改正資金決済法で売買に伴うルールなどが定められたことで、支払い手段として普及する素地ができた。
    https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201709/0010540032.shtml

    引用元: ・【仮想通貨】ビットコインで手軽に買い物 仮装通貨決済、普及の兆し [無断転載禁止]©2ch.net

    【【仮想通貨】ビットコインで手軽に買い物 仮装通貨決済、普及の兆し】の続きを読む

    1: 2017/09/09(土) 18:15:55.68 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    仮想通貨の取引所閉鎖か 中国、メディア報道
     【北京共同】中国のニュースサイト「財新ネット」は8日、中国当局が「ビットコイン」など仮想通貨を扱う同国内の取引所の閉鎖を命じることを決めたと報じた。マネーロンダリング(資金洗浄)など違法な金融活動の温床になっているためだという。

     中国当局は4日にも「新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)」と呼ばれる、企業などが独自の仮想通貨を発行して資金を調達する行為を禁止すると発表。仮想通貨に対する取り締まりを強化する姿勢を示していた。
    https://www.daily.co.jp/society/economics/2017/09/09/0010537723.shtml

    引用元: ・中国 仮装通貨取引所閉鎖へ [無断転載禁止]©2ch.net

    【中国 仮装通貨取引所閉鎖へ】の続きを読む

    このページのトップヘ