仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    2017年11月

    1:
    BREAKING – Bitcoin Price Reached its $10,000 Mark


    Its November the 28th, when Bitcoin token value [BTC] against the US Dollar has surpassed the $10k level – achieving a new all-time high which was predicted by many due end of the year to happen.



    If you have followed press writing and analysts taking their try with forecasting the future of BTC, being it bullish or bearish, the $10,000 today did very well surprise them.

    以下ソース
    http://ethereumworldnews.com/breaking-bitcoin-price-reached-10000-mark/

    引用元: ・【速報】ビットコイン1万ドル突破

    【【速報】ビットコイン1万ドル突破 】の続きを読む

    1:
    インターネット上の仮想通貨、「ビットコイン」の国内の大手取引所での価格が26日、初めて100万円を超えました。価格はことしに入っておよそ10倍になっていて、急激な変動に注意が必要だという指摘が上がっています。仮想通貨の大手取引所「ビットフライヤー」によりますと、26日の取り引きで代表的な仮想通貨、ビットコインの買い注文が増え、1ビットコイン当たりの価格が初めて100万円を超えました。

    ビットコインは、取り引きのシステム変更をめぐって分裂の動きが相次いでいて、分裂後、両方のコインを保有できる可能性があるとして、投機的な買い注文が増えているということです。

    ことし1月の終わりには10万円前後で取り引きされていて、その後、乱高下を繰り返しながらおよそ10倍に値上がりした形です。

    ビットコインはスマートフォンなどでやり取りする手軽さや、送金の手数料の安さを背景に利用が広がっていますが、専門家は「現状では主に投機目的の資金で値上がりが続いており、今後も価格が急激に変動するリスクを十分に認識したうえで、取り引きをすることが重要だ」と指摘しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171126/k10011236201000.html

    引用元: ・【仮想通貨】ビットコイン 初の100万円超 急激な変動に注意も

    【【仮想通貨】ビットコイン 初の100万円超 急激な変動に注意も 】の続きを読む

    1:
    ──ビットコインについて。

    「仮想通貨のバリューはゼロではないと思うが、個人的にはビットコインは良くて100ドルくらいの価値とみる。ITバブルの時はドットコム系の株価が上がったが、少なくともヤフーや楽天のサービスを利用する人が周りにいた。一方、仮想通貨がらみのビジネスをやっている人は知り合いに何人もいるが、売買している人は直接は知らないし、使っている人は見たこともない。その意味ではITバブルよりひどい」

    「バブルがどこで止まるか誰にも分からないが、1万ドルくらいで止まるか、CMEが先物を(年内)上場する少し前に最高値をつけるかでは。最近も金融と無関係の友人からある仮想通貨についてアドバイスを求められたが、経験上、その数カ月後にマーケットがおかしくなったりする」

    ──CMEは先物上場で機関投資家の参入を見込む。

    「100ドルになったら当行も検討する。ただ、株もそうだが、こういう値動きのものをショートすることにリスクリターンが見合うタイミングはそうないので、当行は多分やらない。バブルだと思ったら近寄らないのが正しい選択だ」

    https://jp.reuters.com/article/japanpostbk-interview-idJPKBN1DH07F

    引用元: ・【仮想通貨】ゆうちょ銀副社長「ビットコインは良くて100ドルくらいの価値」

    【【仮想通貨】佐護勝紀ゆうちょ銀副社長「ビットコインは良くて100ドルくらいの価値」 】の続きを読む

    1:
     代表的な仮想通貨ビットコインが日本時間24日夜に分裂し、新通貨「ビットコインダイヤモンド」が誕生した。ビットコインの分裂は8月と10月に続き3例目。ビットコイン保有者には1ビットコインにつき新通貨10単位が割り当てられる予定だ。安全対策などの詳細が現時点で不明のため、国内の仮想通貨取引所は新通貨を扱うかどうかを慎重に見極める。

    ビットコインは投機マネーの流入で今年に入り取引が急増。当初の設計には取引データの容量に制約があり、送金に時間がかかるようになった。世界の開発者が送金をスムーズにする改良版の開発を競っており、新通貨の分裂が相次いでいる。

     「ダイヤモンド」はデータ容量をビットコインの約8倍に拡大。開発した匿名のグループによると世界で28取引所が扱う。すでに中国の取引所では日本円換算で1万円前後で売買されている。

     国内取引所は慎重姿勢だ。安全対策などが不明で利用者のビットコインが盗まれる可能性を否定できないという。「実際に決済や送金で使われるのか不透明」(取引所関係者)との見方もある。

     日本の大手取引所で配布方針を現時点で明らかにしているのはBTCボックスのみ。ビットバンクやテックビューロ、ビットポイントジャパンなどは未定としている。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23909760V21C17A1EA1000/

    引用元: ・【仮想通貨】ビットコインがまた分裂 新通貨「ビットコインダイヤモンド」登場

    【【仮想通貨】ビットコインがまた分裂 新通貨「ビットコインダイヤモンド」登場 !】の続きを読む

    このページのトップヘ