仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    ビットコイン

    1: 2018/03/15(木) 16:33:50.92 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    仮想通貨は15日も下げ止まらず、ビットコインは2月中旬以来初めて8千ドルを割った。下落にはGoogleが仮想通貨およびその関連サービスの広告禁止を発表したことが影響している。ポータル「コインマーケットキャップ」では日本時間14時25分の段階で14%も下落し、7909ドルの値を付けている。ビットフィネックス取引所でも13.8%落ち込み、7847ドルに、ビナンスでも14.8%安の7835ドルとなった。

    他の仮想通貨も軒並み下落している。ポータル「コインマーケットキャップ」ではイーサリアムも15.2%下がって588ドル19セントに、リップルも17.1%安の66セントに、ビットコインキャッシュは15.1%安で千ドルを切り、886ドル03セントとなった。仮想通貨市場の時価総額はコインマーケットキャップの調べでは3141億9千万ドルで、そのうちビットコインの占める割合は43%。

    14日、Google社は今年6月から仮想通貨およびその関連サービスの広告の掲載を禁止すると発表。広告禁止対象にはICO、仮想通貨交換、仮想通貨ウォレット、取引に関する相談も含められている。

    https://jp.sputniknews.com/business/201803154670492/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521099230/

    【BitCoin下げ止まらず、8000ドル割り込む。お前らはいつまで我慢するん? 】の続きを読む

    1: 2018/03/13(火) 09:28:25.49 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    激しい値動きは仮想通貨の大きな特徴だ。1日で20%程度価格が変動することも珍しくない。特に昨年は認知度の高まりなどで各通貨の価格は急上昇。例えばビットコインは昨年1月には1ビットコインが10万円程度だったが、年末には230万円の値を付けた。

    一方で年明けには中国当局の規制強化の動きが明らかになり、一時60万円程度にまで下落。ビットコイン以外では、1年前と比べると100倍近くの値段になっている通貨も少なくない。ある大手銀行の幹部は「とてもじゃないが、通常の決済には使えない」と話す。しかし投資家にとっては、値動きの激しさは魅力にもなる。


    「億り人」「自由億」……新長者が続々 仮想通貨、激しい値動き
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/13/news054.html

     
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1520900905/

    【「億り人」「自由億」……仮想通貨で億万長者が続出、激しい値動きが魅力 】の続きを読む

    1: 2018/03/14(水) 00:02:34.42 _USER9
    ポータル「コインマーケットキャップ」では日本時間14時01分の段階で1.47%値下がりし、9420ドルの値を付けた。ビットフィネックス取引所でも1.91%下がって9378ドルに、OKExでも1.67%下がって9374ドルの値を付けている。


    他の仮想通貨はイーサリアムも1.71%下がり、710ドル99セントに、リップルも1.78%下がり、80セントに、ビットコインキャッシュは1.98%安の1092ドル55セント。コインマーケットキャップによれば仮想通貨の時価総額は3808億7千万ドル。そのうちビットコインの占める割合は依然として42%。


    投資ファンド「クリプトライフ・ファンド」のマンスール・グセイノフ代表はスプートニクからの取材に「市場では横移動が続いており、ビットコインが8500ドルから9000ドルの間で取引されて、すでに3日目を迎えている。取引高は平均より少し多い程度。市場統合が続いているものの、この先の方向性は今の段階では不透明」と語っている。
    https://jp.sputniknews.com/business/201803134662785/
     

    ビットコインは小幅に下落 9100ドル前後
     インターネット上の仮想通貨ビットコインは小幅に下落している。情報サイトのコインデスクによると、ドル建ての価格は日本時間13日12時時点で1ビットコイン=9100ドル前後と、前日12時時点(9600ドル前後)に比べ500ドル程度安い。円建て価格も下落した。ビットフライヤーによれば12時時点で99万円程度と、前日(103万円程度)を下回り、100万円台を割り込んで推移している。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL13HGR_13032018000000/

    引用元: ・【仮想通貨】ビットコイン 下げ止まらず 

    【【仮想通貨】ビットコイン 下げ止まらず  】の続きを読む

    1: 2018/03/07(水) 18:44:05.86 _USER9
    仮想通貨で炎上「ざまあみろやね」たむけん喜びの声

    3月2日、AbemaTVで『エゴサーチTV』が放送された。

    “エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

    この日は、お笑い芸人のたむらけんじがゲストに登場。番組冒頭、MCの西野は「仮想通貨がらみで、コインチェックの次に叩かれているこの人です」と笑いを誘い、たむらを呼び込んだ。

    たむらは、「ほんまやで! なんで俺がコインチェックばりに叩かれなあかんの?」と語りスタジオに登場。“たむらけんじは3500万円の儲け「芸人の仮想通貨事情」が明かされ視聴者衝撃”という記事についても、「これもホンマちゃうねん、アホやな~」と話し、「これもちゃんと俺は説明してるんだけど、3500万円の儲けじゃなくて株と一緒だから売った瞬間に“損得”なの。俺はまだ仮想通貨は仕込みの段階だから持ったままで、あくまでも含み益が3500万ですよ。その含み益は今日の時点でもう1000万円きってます」と、この記事に書いてある“3500万円の儲け”について、真実を明らかにした。

    また、「なんの勉強もしてないやつが批判してくることが1番苦痛」と話すたむらは、自分が推している仮想通貨を後輩芸人に奨めて、値段がつり上がったタイミングで売りぬいていると言われたことを挙げ、「その書き込みをした瞬間に、投資もしたことないし、仕組みもわかってない、ただアホをさらけ出してる」と語り、「仮想通貨の相場が動くって…何百億いる思ってんねん。藤崎マーケットのトキがちょっとやったくらいでピクリともするか」と、笑いを誘った。

    今回の件で様々な批判を受けたたむらは、「ありがたい話にさ、1個も悪いことしてないのに勝手に炎上して、東京で仕事なんかなかったのに仮想通貨がらみの仕事がバンバン入ってくる。本当にね、炎上させてくれてありがとうございます」と深々と頭を下げ、「俺からしてみたらざまあみろやね」と語った。

    話題はたむらが手がける様々な事業に移り、西野が「いくつ事業やってるんですか?」と質問すると、たむらは「もうわからんようになってきた、でも全然金残ってないで」と答え、ひと昔前に、自身が経営する焼き肉屋1店舗の年商が3億6千万だったことを明かし、西野を驚かせた。

    しかし、「そのお金1円も残ってない、何に使ったかもわからない」と話すたむらは、「その時は自分で経営やってるつもりだったけど、“ごっこ”だった」と語り、さらに西野を驚かせた。

    そこから経営を勉強をしたたむらは、共に働く仲間も増え、現在は焼き肉店、車屋、最近はチーズケーキの販売なども行っている事を説明。新しい事業を始めるきっかけとして“面白い”を軸に考えるたむらは「面白ければお金はついてくる、仕事でもなんでも好きでないと続かない」と、独自の経営学を語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14395825/#ampshare=http://news.livedoor.com/article/detail/14395825/

    引用元: ・【芸能】仮想通貨で炎上「ざまあみろやね」たむけん喜びの声

    【仮想通貨で炎上「ざまあみろやね」たむけん喜びの声 】の続きを読む

    1: 2018/03/08(木) 17:02:44.97 _USER9
    http://jp.techcrunch.com/2018/03/08/2018-03-07-bitcoin-price-drops-10-as-hackers-exploit-binances-api-keys/

    Bitcoinが10%暴落。ハッカーがBinanceのAPIキーを不正使用か


    仮想通貨コミュニティーにまたまたジェットコースターの日がやってきた。わずか数分の間に、bitcoinの価格は1万0740ドルから9690ドルへと下落した。10.8%のダウンだ。

    例によって、実際何が起きているのかを知ることは容易ではない。しかし、少なくともある会社はつらい一日を過ごしている。仮想通貨交換所のBinanceは不審な動きをいくつか発見し、出金業務を一時停止した。

    Binanceは最大級規模の交換所のひとつだ。CoinMarketCapによると、有名仮想通貨の取引高でみた交換所のトップ4に名を連ねている。



    クラッシュの直前、多くの人々がViacoinに関して極めて異常な動きを察知した。BinanceではViacoinsの膨大な買い注文が発生した。そのわずか数分後、Viacoinの時価総額は6400万ドルから1億5900万ドルに跳ね上がった。

    Binanceが調査したところ未承認の売り注文を発見した。「一部のユーザーの資金に問題が起きているという報告を受け調査している。担当者は問題を認識しており現在調査を進めている」と同社がRedditに書いた。「現時点で確認されている被害者はAPIキー(取引きボットなどが使用する)を登録しているユーザーだけだ。Binanceのプラットフォームが不正使用された形跡はない」



    このことからどこかのサードパーティーサービスまたはアプリが不正使用された可能性が高い。そのアプリのユーザーはBinanceアカウントの管理にAPIキーを使っていた。ハッカーは同時に注文を発行するボットを作っていたのかもしれない。

    Binanceチームは出金を停止したが、すでに遅かったかもしれない。また、そのハッカーは別の交換所でViacoinを大量に保有していた可能性もある。Binanceで価格操作をした直後に大量のViacoinsを売り抜けたことが考えられる。

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520496164/

    【【仮想通貨】ビットコイン、10%大暴落 ハッカーがBinanceのAPIキーを不正使用か [3/8] 】の続きを読む

    このページのトップヘ