仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    仮想通貨交換業者

    1: 2018/04/03(火) 13:44:16.34 _USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180403/k10011389231000.html

    巨額の仮想通貨が流出した大手交換会社、「コインチェック」がネット証券大手の「マネックスグループ」の傘下に入り、経営体制を刷新する方向で最終調整を進めていることがわかりました。「コインチェック」としては、仮想通貨の巨額流出で失った信頼を回復し法律に基づく仮想通貨交換会社の登録を受けるには、ほかの企業の傘下に入る必要があると判断したものとみられます。

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522730656/

    【【仮想通貨】コインチェック、ネット証券大手「マネックスグループ」の傘下へ 】の続きを読む

    1: 2018/03/22(木) 19:11:34.69 _USER9
    ◆世界最大の仮想通貨業者に警告へ 無登録営業で金融庁

    金融庁は世界最大の仮想通貨交換業者とされ、香港に本社を置くバイナンスに改正資金決済法に基づく警告を出す方針だ。同社は無登録のまま日本で営業しており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。

    営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。無登録業者の監視により違法行為を摘発し、仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いだ。

    同社は2017年に設立した仮想通貨交換業者。
    仮想通貨の種類、利用者数とも…

    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧ください。

    日本経済新聞 2018/3/22 18:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28441290S8A320C1MM8000/?nf=1

    引用元: ・【仮想通貨】世界最大の交換業者バイナンスに警告へ…無登録営業で金融庁

    【【仮想通貨】世界最大の交換業者バイナンスに警告へ…無登録営業で金融庁 】の続きを読む

    1: 2018/03/23(金) 18:04:33.11 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    ヤフーは仮想通貨交換業に参入する。子会社を通じ、4月に金融庁の登録業者であるビットアルゴ取引所東京(東京・渋谷)の株式40%を取得。仮想通貨の交換に必要なシステム整備などを経て、2019年春にも追加出資を検討する。資金力と金融サービスのノウハウも持つIT(情報技術)大手の市場参入を機に、仮想通貨の業界再編が加速する可能性が出てきた。

    ヤフー、仮想通貨交換に参入へ 登録業者に資本参加
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28495990T20C18A3I00000/

    引用元: ・ヤフー、仮想通貨取引に参入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    【ヤフー、仮想通貨取引に参入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 】の続きを読む

    1: 2018/03/18(日) 10:09:05.35 BE:292723191-PLT(19081)
    sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
    約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した交換業大手コインチェックが、送金先を追跡できない匿名性の高い仮想通貨3種類の取り扱いを打ち切る方向で調整していることが16日、分かった。資金洗浄(マネーロンダリング)に悪用されるリスクが高いと判断した。

    3種類はモネロ、ジーキャッシュ、ダッシュ。これらはビットコインやネムなど一般的な仮想通貨とは異なり、基盤技術「ブロックチェーン(分散台帳)」上で送金先を把握できず、資金洗浄に利用されやすいという。

    モネロについて業界関係者からは、北朝鮮が外貨獲得の手段にしているとの見方も出ている。顧客から預かっている3種類の匿名通貨は一定額で買い取ったり、本人かどうかを厳格に確認した上で出金に応じたりする方向だ。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031601372&g=eco
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521335345/

    【コインチェックがマネロンに悪用されそうな仮想通貨3種の取り扱いを中止 】の続きを読む

    1: 2018/03/15(木) 20:07:19.59 _USER9
     捜査関係者は芥川賞受賞作のタイトルを引いて、自虐的になっているという。「限りなくゼロに近い(から気分は)ブルー」。コインチェック社(CC社)から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出して1カ月が経過。警視庁は異例の100人態勢で捜査を続けているが、犯人逮捕の可能性はほぼゼロに近い。そこで、捜査幹部は、「せめて社長を逮捕したい」と口にし始めているのだ。

    「捜査を担当するのは、警視庁生活安全部のサイバー犯罪対策課です」と、警視庁担当記者。

    「不正流出を企てたハッカーは、検索エンジンには引っかからないサイトで、NEMを他の仮想通貨に交換しています。犯人はそうした匿名性の高い通信技術を用いているので、特定が極めて困難。犯人逮捕という意味で、捜査は迷宮入りを余儀なくされています」

     海外のサーバーや暗号化ツールを幾重にも噛ませられると、手も足も出なくなる。2010年のことではあるが、警視庁公安部外事第三課の機密資料がインターネットに流出した事件をご記憶の方は少なくなかろう。

    「外事三課の時は内部資料の流出でしたから、今回とは比べようもなく痛かった。もっとも、CC社の件は金額が600億円に迫るほど多額で、世間に与えたインパクトも大きい。この事件を放置することは国民感情が許さない。そこで警視庁は、和田晃一良(こういちろう)社長の身柄を取れないか、検討を始めています。和田社長は3食コンビニ弁当でも良いくらいの人間で、私腹を肥やした形跡はない。で、容疑については、改正資金決済法の違反が有力です」(同)

     この記者は弥縫(びほう)策に過ぎないと苦笑するのだが、それはともかく、改正資金決済法とは仮想通貨利用者の保護を目的とする法律。14年に発生したマウントゴックス事件を機に改正されたものだ。

    破綻はまぬかれない
     そのなかには、仮想通貨業者と利用者の資金を分別して管理する義務が定められており、これに違反すると、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処すとある。さる捜査関係者によると、

    「実際、資金を分けて管理していなかった疑いがあります。仮に和田社長が逮捕されれば、CC社が申請中の仮想通貨交換業者登録も金融庁が却下する公算が高く、業務の再開もできなくなります。となると、マウントゴックスの時のように破綻はまぬかれません」(同)

    「億り人」にしろ、誰であれ、当事者が聞くとゾッとするようなシナリオではないか。というのも、彼らが気を揉んでいるのは、この一点に他ならないのだから。

    「NEMに入れたカネがどれだけ戻ってくるか」

     ITジャーナリストの井上トシユキ氏によれば、

    「CC社の大塚雄介取締役は今年1月、ある経済番組に出演した際に、月間の取引高が4兆円だと明かしています。CC社の売買手数料は他の取引所に比べて割高です。関係者によると、“手数料収入だけでも月に1000億円はくだらない”ということでした」

     和田、大塚の両名はCC社の株式の過半を保有する。その手数料収入が事実なら、580億円相当のNEMを全額補償することなど、そう難しいことではなさそうだが……。

    「CC社は、手数料収入を自ら仮想通貨に投資してしまっている可能性がある。つまり、CC社の口座には現金がそれほど残っていないかもしれませんね」(先の記者)

     戻ってくるカネが「限りなくゼロに近いブルー」。

    「週刊新潮」2018年3月15日号 掲載

    新潮社
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180315-00539239-shincho-soci

    引用元: ・【仮想通貨】「コインチェック社長」だけでも逮捕したい「警視庁」100人の捜査態勢

    【【仮想通貨】「コインチェック社長」だけでも逮捕したい「警視庁」100人の捜査態勢】の続きを読む

    このページのトップヘ