仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    トキ

    1: 2018/02/03(土) 14:53:27.52 BE:214658696-2BP(1500)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    仮想通貨で炎上のたむけん、訴える「仮想通貨をやってる人間は何も悪くない」

     仮想通貨取引所大手「コインチェック」の、顧客の巨額の仮想通貨「NEM」の外部流出問題で、芸人仲間に仮想通貨を勧めたとして炎上しているピン芸人のたむらけんじが3日、MBS「せやねん!」に生出演し、「仮想通貨をやっている人間は何も悪くない」と熱く訴えた。

     巨額の損失を出して貯金が6万円になったという藤崎マーケット・トキについて、たむけんは「僕が言いました」と勧めたことを認め、「トキと楽屋で一緒におる時に『仮想通貨やってる?こういうのがあんねんで』って言って、『余裕があるお金があれば、ちょっとだけやりや。絶対借金とか切り崩してやんなよ』って言うて」と、注意喚起もしていたことを強調。

     トキの投資の浮沈を「あいつは最初1万円から始めたんですよ。やり始めた時期は良くて、そっからグワーなったんですよ。ダーなったから『わーい、追いつけー』言うて(資金を)パー入れたんですよ。まあまあましょうがないです。年収はドーンいきましたから。それで彼も『やったーっ』て言うてたんが、今回のコインチェックでね」と、さまざまな擬音を織り交ぜて説明した。

     今回の事件については「やっと世の中の人に仮想通貨っていうのを…一瞬で信用なくしましたので、僕たちはムチャクチャ怒ってますけど。1番は盗んだヤツが悪い。2番目はコインチェック。仮想通貨をやってる人間は何も悪くない」と訴えていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14249882/
    2018年2月3日 10時47分

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517637207/

    【炎上中のたむけんがブチギレ「1番は盗んだヤツが悪い。2番目はコインチェック。ワイは何も悪くない」 】の続きを読む

    1: 2018/01/30(火) 10:06:50.54 _USER9
    たむけん、仮想通貨問題でネット炎上「元凶や」「トキのお金肩代わりしたれ!」
    1/30(火) 8:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000048-sph-ent
    no title

    たむらけんじ

     お笑い芸人のたむらけんじ(44)が30日に放送されたフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で、たむらが仮想通貨を薦めた芸人仲間が“破産状態”に陥り“炎上”となっていることについてコメントした。

     ほぼ全財産をスッってしまったのは、お笑いコンビ「藤崎マーケット」のトキ(33)。不正アクセスにより約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が外部に流出した問題で、被害にあった。

     焼き肉店経営など実業家の顔も持つたむらは「仮想通貨の世界がスタンダードになる時代がもうそんなに遠くなく来るかも知れないということは説明しました」と芸人仲間に仮想通貨を紹介したことを認めた。ただその際には「僕が絶対に言っていることは『絶対に余裕のあるお金でやって下さい』」と念押ししていたという。

     しかし、ほぼ全ての財産をNEMにつぎ込んでいたというトキは、辛うじて残った残高6万円と(関西で発行されているICカード)PiTaPa(ピタパ)に入金されている6000円しか財産が残っていない状態に陥った。トキは27日に出場した「R―1ぐらんぷり」3回戦で「仮想通貨には気をつけて!」とネタにして笑いを取る始末に。「こんなに優勝(の賞金500万円)を狙いに行く年というのはないと思うので。返して下さい。お金」と悲痛な叫びを上げた。

     トキの惨状にネット上はたむらを非難する声であふれかえっている。たむらは「(本人からクレームの)電話はないですけれど、ネットはすごいですよ。『たむらが元凶や』とか『トキのお金肩代わりしたれ!とか。めっちゃ来ますよ』」と番組の電話取材に答えていた。

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517274410/

    【【たむけん】仮想通貨芸人たむらけんじがネット民から袋叩きwww】の続きを読む

    このページのトップヘ