仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    ビットコイン先物

    1:
    デリバティブなど金融商品を取り扱う東京金融取引所が2018年早々にもビットコイン先物取引の検討をはじめることがわかった。

     同取引所では1月にもビットコイン先物について検討するワーキング・グループを設置する予定で、正式な法的整備への第一歩になる。

     日本経済新聞の報道によると、東京金融取引所の太田省三社長は1日、ビットコインについて「金融商品として法的に認められれば可及的速やかに先物を上場したい」と語たという。また、ブルームバーグの報道によると、ビットコイン先物取引を検討するワーキング・グループはまず「ビットコインの現状、展望、日本社会にどういった形で根付くか」等を検討するという。

     日本では16年5月に所謂仮想通貨法が成立しており、仮想通貨の普及のための法的整備が進んでいる。

     現在、全世界のビットコイン取引のうち対円取引が半分をしめており、今後の日本におけるビットコイン先物の成否は世界的に注目されるだろう。
    https://jp.cointelegraph.com/news/tokyo-financial-exchange-to-begin-planning-for-btc-futures

    引用元: ・【仮想通貨】東京金融取引所が18年早々にもビットコイン先物取引を検討

    【【仮想通貨】東京金融取引所が18年早々にもビットコイン先物取引を検討】の続きを読む

    1:
    シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は1日、仮想通貨ビットコイン先物を18日に上場すると発表した。CMEが、1日1回算出する対ドルの参照レートに基づき現金決済される。

     ビットコイン先物の上場を予定しているシカゴ・オプション取引所(CBOE)も1日、近日中に取引開始日を開示すると発表した。

     伝統的な取引所での先物の取り扱いは、ビットコイン取引の透明性や流動性の確保に加え、投資家に現物の価格変動リスクの回避(ヘッジ)手段を提供することで、健全な市場育成につながる効果も期待される。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24193360S7A201C1000000/

    引用元: ・【金融】ビットコイン先物、18日に上場 CME

    【【仮想通貨】ビットコイン先物、18日にシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)にて上場】の続きを読む

    このページのトップヘ