仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    ビットステーション

    1: 2018/04/09(月) 17:01:16.81 _USER
     仮想通貨取引所「bit station」を運営するビットステーションは4月6日、廃業すると発表した。幹部が顧客の仮想通貨を私的に流用していたとし、3月に金融庁から業務改善命令を受けていた同社。態勢の立て直しに努めてきたが、「万全の態勢を整えることが難しい」と判断したという。顧客の仮想通貨・円の払い出しは引き続き受け付ける。


    同社は、仮想通貨交換業者登録申請中の「みなし業者」。3月8日、「100%株主だった経営企画部長が、利用者から預かったビットコインを私的に流用していた」などとし、金融庁から1カ月の業務停止命令を受けていた。同社は流用があった事実を認め、同日以降、仮想通貨と円の出金以外の機能を停止している。「流用された仮想通貨は全額戻し入れており、顧客の財産が不足している状態ではない」という。


     業務停止が明ける2日前の4月6日、廃業を発表。「指摘を受けた利用者財産を適切に管理するための態勢改善に努めてきたが、現在の状況下では、昨今の仮想通貨を取り巻く情勢変化に対応するための万全の態勢を整えることが難しいと判断」したという。8日以降も、円と仮想通貨の出金以外の機能を停止し、廃業に向けた手続きを検討するとしている。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/09/news074.html

    引用元: ・【仮想通貨】仮想通貨取引所「ビットステーション」廃業 顧客の仮想通貨を幹部が私的流用

    【仮想通貨取引所「ビットステーション」廃業 顧客の仮想通貨を幹部が私的流用 】の続きを読む

    1: 2018/03/08(木) 12:49:43.50 _USER9
    金融庁は8日午前、仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分すると発表した。巨額の仮想通貨が流出したコインチェック(東京・渋谷)には1月末に続き、2度目の処分を下す。内部管理やセキュリティー対策が不十分な業者を厳しく監督し、利用者保護を優先して健全な取引環境を整える。

    行政処分のうち、業務停止命令を受けたのはFSHO(横浜市)、ビットステーション(名古屋市)。業務改善命令の対象はテックビューロ(大阪市)、GMOコイン(東京・渋谷)、バイクリメンツ(東京・港)、ミスターエクスチェンジ(福岡市)、コインチェック。

    2018/3/8 10:42
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27844240Y8A300C1000000/

    関連スレ
    【仮想通貨】金融庁 「コインチェック」に再び業務改善命令の方針
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520450685/
    【社会】仮想通貨、複数の交換業者処分へ 金融庁
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520416665/

    引用元: ・【金融庁】仮想通貨7社を行政処分、うち2社は業務停止 コインチェックは2度目の改善命令

    【仮想通貨交換業者7社を行政処分、うち2社は業務停止とかwwwww】の続きを読む

    1: 2018/02/08(木) 00:04:51.80 _USER9
    金融庁は週内にも複数の仮想通貨交換事業者に改正資金決済法に基づき立ち入り検査する方針だ。コインチェック(東京・渋谷)から巨額の仮想通貨が流出した問題を受け、2日に同社を除く全31事業者から安全対策や内部監査体制などの報告を受けた結果、体制に不備があるとみられる業者が複数浮上した。立ち入り検査で実態を詳しくつかみ、利用者保護の対策を徹底させる。

    立ち入り検査の対象は、金融庁に登録済みの16社と、改...

    2018年2月7日 23:00
    日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26637790X00C18A2EE9000

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518015891/

    【金融庁、コインチェック以外も週内にも複数社に立ち入り検査を実施】の続きを読む

    このページのトップヘ