仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    大城学

    1: 2017/12/28(木) 19:08:41.86 _USER9
    仮想通貨事業への参画を発表したミュージシャンのGACKT(44)が、経済状態に関する臆測について「金に困ったことは一度もない」とキッパリ否定した。

    GACKTは26日に更新したブログで、以前から注目していたという仮想通貨事業に参画したことを明かし、「多くの人に仮想通貨における投資の優位性に気づいてもらうために広告塔としてではなく一事業者として本気で関わり伝えていく必要があると思ったからだ」と説明した。

    ネット上では、サイドビジネスに手を出すGACKTについて「お金に困っているらしい」などといった臆測もあがったが、GACKTは28日、ツイッターで「何言っても反論や伝わらない人もいるだろうが、金に困ったことは一度もない。予想と外れてすまん」と真っ向から否定。

    「ボクが金に困ってたのは20歳~22歳の間。あの二年は確かにきつかった」と経済的に苦しかった時代を振り返るとともに、「そんなボクが投資をやるようになったのは30歳。失敗もあった。今があるのは大きなプラスがあるから。それだけ」と、投資ビジネスによって利益を得たことを明かした。

    12/28(木) 19:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00088274-nksports-ent

    写真
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514455721/

    【<GACKT>仮想通貨事業参画で“経済困難説”否定www 】の続きを読む

    1: 2017/12/27(水) 20:09:33.89 ● BE:284093282-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    GACKTは仮想通貨について、「もはや受け入れるかどうかなどと議論をしているレベルではない」「もはや止めることのできない、この世界の最大成長産業」「インターネットの出現以上の産業だ」と形容し、事業として仮想通貨に着手した理由について、「2020年以降に訪れる経済の落ち込みは多くの人が予想しているが、今の日本にはそれを跳ね返すだけの産業がもう何もない」「多くの人に仮想通貨における投資の優位性に気づいてもらうために 広告塔としてではなく一事業者として本気で関わり伝えていく必要があると思った」と説明した。

    GACKTは「仮想通貨は、今までの小難しい金融商品よりも一般の人が入りやすい」としたうえで、「仮想通貨を通して、より多くの人が投資を体験するべきだと思う。そして、リテラシーを高め、豊かなライフプランを実現させるための資産運用を実現させる糸口を見つける」と続け、「『打席に立たなければボールは打てない』観客のままでいるのか、それともチャンスだと思い打席に立ってみるかは、
    自分次第。自分で決めて自分で行動すればいい。誰の人生でもない。自分の人生なのだから」
    と締めくくった。

    SPINDLEの公式サイトでは、実業家「大城ガクト」としてのプロフィールが公開されており、これまでに明かされたことのない一面も垣間見られる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14086987/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1514372973/

    【【SPINDLE】GACKTこと大城ガクトさん 仮想通貨事業に本名(?)で参画!ただの広告塔か】の続きを読む

    このページのトップヘ