仮想通貨まとめんたる

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム等)の投資に関する最新ニュースやネタ・話題をお届けします。

    NEM不正流出

    1: 2018/02/17(土) 09:24:37.76 _USER
    コインチェックから仮想通貨が大量に流出した問題が、登録申請中の別の「みなし業者」にも影響を及ぼし始めた。金融庁が全社への立ち入り検査を決め、登録に向けた審査も厳しくする方針。慢性的な人材不足で、金融庁が納得するだけの安全管理体制をすぐに整えられるかは不透明で、事業が継続できなくなるケースが出てくる恐れもある。

    金融庁がコインチェックを除く交換業者に求めた安全管理体制の報告では、顧客資産管理などで問題が見つかった。麻生太郎金融担当相は16日の会見で、今回の検査について「報告の分析を踏まえた」と話しており、みなし業者を念入りに調べ管理体制の強化につなげたい考えだ。

    みなし業者は登録業者の審査の最中だが、金融庁はここでも締め付けを強める構えだ。一定期間を経ても安全管理体制が不十分なままの場合、登録を拒否して営業させない方向で検討。自主的に申請を取り下げさせることも視野に入れる。

    今回の問題ではコインチェックのずさんな管理状況が判明した。流出した「NEM(ネム)」の保管で、ネットワークから隔離された「コールドウォレット」を採用せず、送金に複数の秘密鍵を求めるセキュリティー技術の「マルチシグ」も導入していなかった。

    こうした中、コインチェックと同じみなし業者とされている交換業者は、安全対策の強化を急いでいる。ある業者は「マルチシグ化を進める」としているほか、別の業者は「利用者の利便性を低下させることなく、安全性について最大限対策をする」と強調する。

    とはいえ安全管理体制をすぐに拡充するのは困難を伴う。コインチェックの和田晃一良社長は、安全対策が「人材不足もあり間に合わなかった」と説明。人手不足は業界全体の課題で、安全性を強化するのに必要な高いレベルの技術者を確保しにくい可能性が高い。

    これだけの問題が起きた業界への金融庁の不信感は根強い。中途半端な安全対策は認められないのが必至で、審査に落ちて廃業する業者が出る可能性もある。(中村智隆)

    2018.2.17 06:14
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180217/eca1802170500002-n1.htm

    引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1518827077/

    【金融庁が仮想通貨交換業者全社へ立ち入り検査を決定。締め付け強化、廃業の可能性も】の続きを読む

    1: 2018/02/18(日) 00:42:00.24 _USER
    仮想通貨交換会社コインチェックから流出した約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」のうち、約90億円分が匿名性の高い「ダークウェブ」のサイトを通じて他の仮想通貨に交換された疑いがあることが17日、わかった。NEMは既に400を超す口座に分散したり、行方が分からなくなったりしている。

     NEMの分散と交換は、国際団体「NEM財団」や捜査当局の監視を逃れるマネーロンダリング(資金洗浄)の目的があると…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27058910X10C18A2EA2000/

    引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1518882120/

    【不正流出NEM、既に90億円分交換か。ダークウェブ経由で資金洗浄の疑い 】の続きを読む

    1: 2018/02/16(金) 13:20:22.70 _USER9
    仮想通貨交換会社の「コインチェック」から流出した巨額の仮想通貨をめぐり、今月に入ってから何者かが別の口座や海外の交換業者に移す動きを活発化させています。これまでに移された量は25億円相当を超え、一部はほかの仮想通貨に交換されたと見られていて、追跡や回収がさらに困難になっているおそれが指摘されています。

    コインチェックから流出した580億円相当の仮想通貨「NEM」を巡っては、関係機関が追跡を続けるとともに、世界の交換業者に対して換金に応じないよう呼びかけています。

    ところが、インターネット上の取引記録によりますと、今月7日以降、何者かが流出したNEMを別口座や海外の交換業者に移す動きを活発化させていて、分散された量は16日正午現在で25億円相当を超えています。

    中には追跡を避けるために新たに開いた口座に移したと見られる動きもあるほか、送金先の一部の交換業者では、関係機関の呼びかけにもかかわらずほかの仮想通貨とNEMが盛んに交換されています。

    こうした動きは、何者かが闇サイト上にNEMとほかの仮想通貨を交換するとうたう不審なページを設けて以降、一気に活発化していて、流出したNEMの資金洗浄が進んで追跡や回収がさらに困難になっているおそれも指摘されています。

    2月16日 12時36分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180216/k10011331511000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518754822/

    【コインチェックから流出の仮想通貨「NEM」換金が活発化。追跡が困難に】の続きを読む

    1: 2018/02/15(木) 16:19:27.14 _USER9
    仮想通貨取引所コインチェックで約580億円分の仮想通貨「NEM」が不正流出した問題を受け、コインチェック利用者の被害相談に応じる「コインチェック被害対策弁護団」は2月15日、第1次訴訟を東京地裁に提起した。コインチェックを相手取り、口座に預けていたNEMを含む13種類の仮想通貨そのもの(2月14日終値ベースで、日本円にして約1953万円相当)を、指定する口座に送信することなどを請求する。


    ●7人が原告に。第2次訴訟は2月27日に提起予定

    第1次訴訟に原告として名を連ねた利用者は関東・東海地方の7人(個人5人、法人2社)。2月27日には第2次訴訟の提起を予定しており、原告を広く募集している(参加締め切りは2月22日)。弁護団設立以降、相談があった約1千人にメールで参加を呼びかける。今後、訴訟を進めるにあたり、仮想通貨の値下がりに伴う損害賠償請求と、取引が停止したこと自体を損害と捉えた賠償請求も追加する予定という。


    ●弁護団「集団訴訟で実態を明らかに」

    東京・霞が関で2月15日午後に会見した弁護団長の北周士弁護士は「小口で取引をしている方が独力でやるのは厳しい。集団訴訟により、負担の少ない形で解決ができるのではないか。また実際どのような管理がされていたか明らかではない。訴訟を通じて明らかになるのではないか」と述べた。

    弁護団に寄せられる相談については、長谷見峻一弁護士が紹介した。「下落時に損切りができず、値上がり時に利益も得られないという『機会損失』への補償を求めたい」「流出したNEMを日本円で補償するというがその補償基準が不十分だ」「NEM以外の仮想通貨への補償も必要ではないか」などが目立つという。


    ●原告男性「コインチェック信頼していたのに」

    弁護団事務局長の望月宣武弁護士はコインチェックの対応について、「のらりくらりと逃げ続けられている感じがする」と指摘。田畑淳弁護士は「利用者が26万人いるということは想像を絶する数だ。自分の資産を動かせなくなっているという方がいるとすれば、戦後最大規模の消費者事件とでも言えるのではないか」と述べた。

    会見には原告として名を連ねた20代の自営業男性も同席。男性は昨年夏に40万円を投じて利用を始めたという。「コインチェックだけを使っていて信頼していたので、こういうことになって驚きと不安がある。一刻も早く対応してもらえると嬉しい」と話した。


    ●弁護団、金融庁に情報公開請求を実施

    一方、コインチェックの大塚雄介取締役は2月13日夜に開いた会見で、訴訟が提起される動きについて問われ、「そこに関しては申し訳ないと思っていて、送金と売買(の再開)を今しばらくお待ちいただきたい」と述べていた。

    また、大塚取締役は補償時期のメドは立っているとしつつ、具体的な時期の明言は避け、金融庁に提出した報告書についても内容に踏み込んだ説明はしなかった。このため、弁護団は「報告書の内容が全く不明である」とし、金融庁に対して2月14日付で情報公開請求をしたことも明らかにした。

    2018年02月15日 14時58分
    弁護士ドットコム
    https://www.bengo4.com/internet/n_7424/

    引用元: http://ai.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518679167/

    【「仮想通貨そのものを返せ」コインチェック集団訴訟、第1次提訴…弁護団「戦後最大規模の消費者事件」 】の続きを読む

    1: 2018/02/13(火) 21:48:45.65 _USER9
    金融庁からいただいた業務改善命令に対して報告書を提出したとのことです。
    以下大塚COOからの記者会見の概要です。
    ◆継続して事業を行っていく
    ◆一歩一歩改善、確認を進めている
    ◆本日(2018年2月13日)から日本円の出金を再開させていただいている
    ◆本日付で、頂いている合計401億円の出金指示を終了し顧客へ出金している
    ◆明日以降の出金指示に関しても継続して出金対応をさせていただく
    ◆ネムの保証は時期に関しても歩いて土目処がついており、確定したら顧客へ報告したい
    ◆仮想通貨の送金・売買についても外部のセキュリティ専門外社と連携
    ◆ネットワーク、システムの安全が確認出来次第再開する予定

    以下記者からの質問に対する大塚COOの応答をまとめています。

    1. 金融庁とはどのようなやりとりを?
    内容としては進めてる最中なので我々からは内容をお答えできない

    2. 再発防止、不正アクセスへの対策は?
    現在はお答えできない

    3. 警戒に対して第三者委員会を立ち上げるとの話だが?
    現在お答えできるところはない

    4. 保証については目処があるとのことだが?
    具体的な内容についてはお答えできない
    正式な日付が決まれば報告する

    5. 今日401億円出金があったが、残りの日本円はどれくらいある?
    お答えできないが、返金依頼があればすべて返せる

    6. 保証用の資金はある?保証の資金はどこから?
    資金はある。自己資金から

    7. ネムの残高を持っていたユーザはネムは引き出せない?
    これは日本円で保証する、ネムでは返ってこない

    8. 金融庁への報告が遅れた理由は?
    本件とは関係ないので答えかねる、継続して(金融庁へ)報告する

    9. 事業は続く?
    事業は継続する、(仮想通貨取引事業所としての)登録を継続する

    10. (顧客が取引できないため)売却の機会を逃した点についての補填は
    申し訳ない、送金、売買はしばらく待ってほしい
    補填については確認できていないのでお答えできない

    11. 結局この二週間での進捗は?
    外部の専門家にセキュリティの確認していただいている、まず日本円の出金をメインで動いていた
    仮想通貨の売買について外部の方と協議しながら勧めている

    12. いつすべて(NEM流出・補填等一連の騒動は)終わる?
    見通しはついているが、正式な見通しは決定次第報告したい

    13. (顧客は取引できないので)損切りもできない状況だが再開の目処は?
    いつだと伝えたいが正式に決まっていないので答えられない

    >>2 以降続く
    BITTIMES2018年02月13日 20時36分
    https://bittimes.net/news/5687.html

    引用元: ・【仮想通貨】コインチェック 緊急会見まとめ

    【【仮想通貨】コインチェック 緊急会見まとめ 】の続きを読む

    このページのトップヘ